自炊のプロ。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

クリームパスタを作る(余り物消費)

こんにちはー

まだまだ寒い日が続きますね。。
日本海側は日曜からまた寒波に見舞われるそう。。
僕は雪国育ちですが、寒さに強い訳ではないです
東京も十分寒い!


部屋が寒いと煮物を常温で放置しても平気ですね笑
(筆者の胃は強靭です。真似しないでください笑)

自然界どこにでもいるウェルシュ菌は常温なんかに放置してるとどんどん増えて行きます。寒いからって汁物や煮物等を常温放置するのは非常に危険です!


気になる人は「ウェルシュ菌」でググってね



さて今日はクリームパスタ。
そろそろ引っ越すので余っている食材を消費しています!


今日使った材料は

玉ねぎみじん切り
ハム
白ワイン
牛乳(あるなら純生クリーム。植物性はNG)
パルメザンチーズ


みじん切りは最低でもこれくらい細かく!
f:id:cassettechef:20180210194527j:plain
それを炒めていきまーす。イタリアンでは玉ねぎの甘味のみが欲しいという考え方なので、とにかく細かくして、じっくり炒めて食感を無くし、甘味のみを残すというのがセオリー。
粗くてもいいですが、とにかく細かくしましょう!
じっくり炒めるのもポイント。
強火でささっとやっても玉ねぎの辛味は飛ばず甘味も出ませんよ。
だから細かく、じっくり炒めるというのがポイント。
f:id:cassettechef:20180210195058j:plain
ハムを軽く炒めて白ワインをこれくらい。70ml位かな?
クリームパスタは生クリームを使うことが多いのですが、今回は牛乳。
牛乳は甘味が生クリームよりあるので白ワインはやや多め。生クリームを使うのなら50ml位かなー?
いずれも酸味が欲しいので白ワインを加え半分位まで煮詰めます。

クリームパスタを作るときは酸味も効かせた方が美味しいですよー。
チーズだけとか生クリームだけとかだと味がぼやけますし、何よりくどいクリームがくどい。。
仕上げにレモン汁を加えたり、白ワインを少し増やして酸味を効かせて、味にキレをつけましょうね。

あとハム炒めてるんですが、香ばしく炒めたい人は最初に炒めて下さいね。肉を炒める温度で野菜を炒めると焦げます。
今回は別にハムが食べたかっただけなので後から。
f:id:cassettechef:20180210195934j:plain
煮詰めましたー
そしたら牛乳を100ml位。
生クリームはある程度とろみがありますが、牛乳にはないので少しバターを加えてとろみをつけました。
作るときは生クリームで作ればいいと思います。
どちらも煮詰まりやすいので入れて沸騰したら火を止めてもいいかと。

でパスタ投入。
f:id:cassettechef:20180210200514j:plain
生クリームや牛乳を使うときは軽く沸かして汁を吸わせて下さいね。
手打ちパスタならなおのこと

結構しゃばしゃばだと思いますが、後からチーズを加えますので大丈夫。チーズは20g位。
f:id:cassettechef:20180210200858j:plain
混ぜながら吸わせるとここまでいくはず。
f:id:cassettechef:20180210200957j:plain
チーズを加えるとここまでいきます。これでもソースの量はギリギリok。(ちょっとチーズ多かった笑)

黒こしょうをかけて完成~

f:id:cassettechef:20180210201148j:plain

シンプルな材料ですが、トマトを加えたりするともっと美味しくなるので是非!



では~