自炊のプロ。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

フレンチ風煮込みハンバーグの作り方。

どうも!自炊のプロです!

 

この前意識高い系ラーメン作ったじゃないですか。(いや知らんけど)

cassettechef.hatenadiary.jp

 

ちょっとフレンチ風を意識したんですね。

なので馴染みある料理をフレンチ風にしてみようって思いまして。
で、今回は煮込みハンバーグ。フレンチの技術を使って作ります。まぁあんまり変わんないけど。。笑



~材料~

ハンバーグ2つ(1つ200g位のもの)
玉ねぎ150g
人参100g
トマト100g
トマトピューレ30g
赤ワイン300cc
ブイヨン100cc
ブーケガルニ
小麦粉10g
バター30g
塩胡椒


~作り方~

まずはハンバーグから。適当に作って下さい。笑
それぞれ美味しいレシピがあると思うので。。

焼き色をつけます。
このままフライパンに置いといて下さい。
f:id:cassettechef:20181009175321j:plain

で、同時進行で野菜。

バターでじっくり炒めます。
甘味が出たら小麦粉を入れてダマならないように炒めます。フランス料理ではこれをサンジェと言います。トマトとトマトピューレと忘れずに一緒に炒めます。煮込むときに入れてもいいですよ!
その場合少し酸味が立つかも。。
f:id:cassettechef:20181009175543j:plain

小麦粉を炒めたらハンバーグのフライパンに合流。
赤ワインとブイヨンを入れます。アルコールが飛び、アクを取ったらブーケガルニ。なくてもいいです。

f:id:cassettechef:20181009180046j:plain

材料が液体に上手く浸からなかったので鍋を深いものに変えました。分量はありますが、浸からなかった場合、赤ワインかブイヨンを足して下さい。
f:id:cassettechef:20181009180132j:plain

これで蓋をして、沸騰したら弱火で最低30分。一時間半も煮込めば柔らかくなってるかと。小麦粉を入れないと柔らかくならないので注意。
また、小麦粉は焦げるので10分に1度は底を混ぜてください。

時間が立ったら一度ハンバーグを取り出して、ソースにとろみがつくまで強火で煮詰めます。これは口径が広いフライパンに変えると蒸発が早いのでチェンジ。

f:id:cassettechef:20181009180803j:plain

そしたら濾します。ザルでもいいですが、ソースが汚れるので、目の細かい濾し器や裏漉しがあると便利ですね!

f:id:cassettechef:20181009180432j:plain

分量外のバターを加えてさらにコクと香りを。。
塩胡椒も忘れずに。。
f:id:cassettechef:20181009180552j:plain

そしたら、ハンバーグを入れて暖めます。

f:id:cassettechef:20181009181101j:plain

お好みの付け合わせを盛り付けて完成!

f:id:cassettechef:20181009181146j:plain

今回の付け合わせはマッシュルーム、エリンギ、ベーコンのバターソテーと、緑のやつはブロッコリースプラウト

フレンチの定番、ブッフブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮込み)をオマージュしたのでこの付け合わせで。

 

ちなみにソースの濃度ですが、器に流したら勝手に止まる位。別の料理の写真ですが、参考までに。

f:id:cassettechef:20181009182124j:plain

 

是非作ってみて下さいね!




最後まで見て頂き、ありがとうございました!

Twitterやってます!
良かったらフォローしてください。。(ノ´∀`*)

@iyncook

料理の疑問や、作ってほしいリクエストも随時受け付けてます!

是非お声掛け下さいね!(о´∀`о)




では~