真面目に自炊日記。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

アラビアータの作り方~

どうも!自炊のプロです!


今回はアラビアータというパスタを作っていきたいと思います。

アラビアータとは、イタリア語で「怒りん坊」という意味で、唐辛子で辛味を効かせたトマトソースのパスタの事です!

トマトパスタに飽きた時のアレンジとして覚えておくと便利ですね!

早速材料から行きましょう!


材料

パスタ:100g
ベーコン:150g
オリーブ油:30cc
にんにく:2片
鷹の爪(赤唐辛子):2本
トマトソース:150g
乳化用オリーブ油:適量
パスタの茹で汁:適量
塩こしょう

今回、僕はベーコンの所をハムに代用しました!
ベーコンの方がより美味しいですね~
5mm厚さ、長さにカットしてくださいね。

にんにくは半分にスライスして包丁で押し潰しました。香りが欲しい方はみじん切り等にすると良いと思います。
f:id:cassettechef:20180420200042j:plain

赤唐辛子は種を取らずにそのまま。
ちぎったり、細かくすると、より辛味が出ます。

トマトソースは、市販のトマト缶(一番小さいもの400g位のやつ)を沸騰させてから、オリーブ油をトマト缶の50cc位を入れて、よく混ぜて弱火で20分煮詰めたもの。


そして、作る前にこちらの記事も是非読んでみて下さい!
パスタのの基本的な事が書かれていますが、わかる人はスルーで結構です。

cassettechef.hatenadiary.jp



では作っていきましょう!

まずは、オリーブ油でベーコン(ハム)を弱火でこんがりとするまで炒めて、オイルに旨味をつけていきます。
f:id:cassettechef:20180420193117j:plain
色づいてきたらにんにく鷹の爪も入れちゃいます。
にんにくの香り、鷹の爪の辛味を引き出していきます。
f:id:cassettechef:20180420193257j:plain
ベーコンは最終的にこうなるまで!
f:id:cassettechef:20180420193418j:plain
そしたらトマトソース。入れた瞬間バチバチと跳ねるようでは温度が高いので、ベーコン達は弱火でじっくり炒めましょう!入れたら1分位混ぜながら軽く煮込みます。
f:id:cassettechef:20180420193625j:plain
トマトソースと油はしっかり混ぜて下さいね。これも乳化です。

さて、パスタが茹で上がったらソースと合わせます。

トマトソースがどろどろしすぎていない限り、ソースは少しシャバシャバしていると思います。パスタに絡んでいませんね。
f:id:cassettechef:20180420194753j:plain

ここに茹で汁とオリーブ油を加える事によってソースを乳化させていきます。どちらも20cc位ずつ入れて、パスタをよく混ぜてみて下さい。



f:id:cassettechef:20180420195031j:plain
パスタのの色が変わったのが分かりますか?
別にトマトソースを追加した訳ではないです。笑
ソースに、いい感じのとろみがついてパスタに絡んでいます。これが乳化です。


この乳化は、油と水分のバランスが肝。具体的な分量はちょっと分かりかねますが、シャバシャバしていたら、まず油を加えて、どろどろになりすぎたら、茹で汁を加えるのがいいと思います!

塩こしょうで味を調えて完成です!
f:id:cassettechef:20180420195542j:plain

パスタの周りにソースがありませんね?しっかり乳化している証拠です。


乳化は少し感覚と慣れがいりますが、作れたら最高に美味しいので、是非作ってみて下さいね!(*´ω`*)







最後まで見て頂き有難うございます!

答えられる範囲で僕で良かったら料理の質問等も答えて行きたいと思っておりますので。。

Twitterもフォローしていただけると喜びます(*´∀`)


Twitterはこちら~
http://twitter.com/@iyncook

では!