真面目に自炊日記。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

基本のクリームパスタの作り方♪

どうも!自炊のプロです!


今回は基本的なクリームパスタの作り方を書いてみようかと。


これができれば色々と応用が聞くので、是非作ってみて下さいね!

こちらも合わせて読んでみて下さい!
cassettechef.hatenadiary.jp



材料(1人分)

パスタ(1.7mm):100g
玉ねぎ:50g
ハム:70g
白ワイン:30cc
鶏の出し汁(顆粒コンソメ):40cc
生クリーム:100cc
パルメザンチーズ:5g
レモン汁:適量
塩こしょう

生クリームの分量ですが、50ccより多ければいいです。生クリームの煮詰まりやすさを考慮して、80ccにしてあります。

ではいきます。


まずは、みじん切りにした玉ねぎを弱火で炒めていきます。細かければ細かいほどクリームとの一体感が出て美味しいですよ!
f:id:cassettechef:20180425220732j:plain
ハムも炒めていきます。温める感じでok。
f:id:cassettechef:20180425220959j:plain

玉ねぎも甘くなり、ハムも温まったら白ワイン。半分まで煮詰めてたら、鶏の出し汁を加えて1分位軽
く煮込みます。
f:id:cassettechef:20180425221314j:plain
生クリームを加えて、沸騰して一呼吸したら火を止めます。これでソースのベースが出来ました!
f:id:cassettechef:20180425221406j:plain
生クリームは、とても煮詰まりやすいので、火のかけすぎには注意してください。
もし煮詰まってしまったら茹で汁を加えて調整しましょう。



そしたら、茹で上がったパスタを加えて、1分位弱火で煮込んでいきます。

茹で上がったパスタは水分を吸いやすいので、クリームパルメザンチーズのような、こってりしたパスタは軽く煮込む事をオススメします!

クリームパスタは、生クリームの煮詰まりすぎが仕上がりに影響するので、最初から最後まで弱火で調理してください!(゜ロ゜)

次に、まだシャバシャバしてる状態でパルメザンチーズ。
f:id:cassettechef:20180425221930j:plain



ここがポイント。

このバランスを考えないとボテボテっとした固いパスタになってしまうのでシャバシャバの内からチーズを入れます。


火を止めてチーズを入れて混ぜます。
これくらいですかね?
多すぎてもスープパスタ、少なくてもボテボテっとしたパスタになってしまいます。
f:id:cassettechef:20180425222511j:plain


上手くできたクリームパスタは盛り付けた時にパスタが自身の重みで少し動きます。
クリームパスタは生きている。と表現したりしますね。(゜ロ゜)
f:id:cassettechef:20180425222750j:plain

周りに少しソースがある程度です。
f:id:cassettechef:20180425222836j:plain

これは煮詰めすぎです。見た感じぼてっとしてますね。。お弁当に入ってるパスタみたいな。
f:id:cassettechef:20180425223037j:plain


ボテボテっとなってしまったら軽く茹で汁を混ぜて下さい!
また、シャバシャバなら煮詰めていいとろみを目指してくださいね!
ただ、その場合アルデンテを越してしまうので気を付けてください。。

クリームパスタは季節の食材と本当に合います!

これを覚えておくと季節ごとに楽しめますので、是非作ってみて下さいね!(ノ´∀`*)







最後まで見て頂き有難うございます!

答えられる範囲で僕で良かったら料理の質問等も答えて行きたいと思っておりますので。。

Twitterもフォローしていただけると喜びます(*´∀`)


Twitterはこちら~
http://twitter.com/@iyncook

では!