真面目に自炊日記。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

ジェノベーゼパスタの作り方!

どうも!自炊のプロです!

今回は、お馴染みのジェノベーゼの作り方をご紹介します!

ジェノベーゼとはバジルペーストで和えたパスタの事で、バジルの産地として有名なイタリアのジェノヴァの代表的な料理です!

こちらも合わせて読んでみて下さい。
cassettechef.hatenadiary.jp


早速材料から行きましょう!


材料

~バジルペースト~
バジル:60g
にんにく:5g
エクストラバージンオリーブ油:150ml
パルメザンチーズ:20g
塩こしょう

~パスタ仕上げ用~

パスタ:100g
バジルペースト:100g
お好みの材料
塩こしょう

今回はバジルペーストのみの紹介とします!
ジェノベーゼの具材は、キノコ、海鮮、ベーコン、トマト等々。。
色んなものと合いますので、お好みの材料を入れてみて下さいね。
今回は定番のさやいんげんとじゃがいもを入れました!(*´ω`*)


では行きましょう!


まずはバジルをさっと塩ゆでします。
しょっぱい位のお湯(パスタを茹でる時位)にバジルをさっと茹でて色を良くします。
本来は生のままミキサーにかけるのですが、今回はきれいに仕上げたいので塩ゆでしました!

f:id:cassettechef:20180502181219j:plain

また、僕は茎も入れてます。
葉っぱのみを使うと、より香りが出て良いのですが、その分コストがかかりますんでね。。

茹でたバジルは、しっかり手で水気を絞って、他の材料といっしょにミキサーにかけていきます!
塩こしょうも忘れずに♪

ただし、エクストラバージンオリーブ油は、最初に100mlだけ入れて、残りの油は固さの調整に使って下さい。

ピザに塗る場合は100mlかそれ以下に油を抑えないと、ピザのソースにしてはシャバシャバになってしまうので、先に80ml位をミキサーに入れて、あとは調節してください。

f:id:cassettechef:20180502181621j:plain

これらの材料の他に、ナッツやアンチョビ、チーズを別のものに替えたりすると、幅が広がりますので、是非試してみて下さいね。。

また、バジルは熱にとても弱いです。ミキサーを回す時の機械熱にも弱いので、バジルペーストを作るときは、全ての材料、ミキサーを冷やしておくと色良く仕上がるでしょう!

こんな感じ。
僕は最終的にオイルを全部入れました。
f:id:cassettechef:20180502181840j:plain
レストラン等では、この後濾してなめらかにしますが、僕は細かくなったバジルもキレイだと思うので濾しません。めんどくさい訳じゃないです。笑

さてパスタパスタ。

材料はあらかじめ茹でておいて、パスタと和えます。そこにバジルペースト。
f:id:cassettechef:20180502182633j:plain

熱に弱いので必ず火を止めてからバジルペーストを入れてください。
あまりにもダラダラと作ると、バジルの色が飛んで黒ずんでしまうのでそこだけ気をつけて下さい。

なお、ペーストを作る時、先にバジルを塩ゆでしておくと色が飛びにくいので、初めて作るときはおすすめです!

f:id:cassettechef:20180502190153j:plain


是非作ってみて下さいね!(ノ´∀`*)






最後まで見て頂き有難うございます!

答えられる範囲で僕で良かったら料理の質問等も答えて行きたいと思っておりますので。。

Twitterもフォローしていただけると喜びます(*´∀`)


Twitterはこちら~
http://twitter.com/@iyncook

では!