真面目に自炊日記。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

超簡単!クレームブリュレの作り方!

どうも!自炊のプロです!


今回はクレームブリュレ。クリームではなくクレーム。クリームはフランス語でクレームです。

直訳で焦がしたクリーム。クリームに砂糖を振りかけてバーナー等で炙って、外はパリっ、中はとろっが魅力のデザートですね!

作り方は簡単ですので是非作ってみて下さいね!




~材料~

牛乳:100cc
純生クリーム:100cc
卵黄:3つ
砂糖:50g
バニラエッセンス:3滴
炙る用砂糖:適量


~作り方~

まずは卵黄と砂糖をボウルに入れてとろっと白っぽくなるまで混ぜましょう。全力で30秒位混ぜてみて下さい。笑(゜ロ゜)
とろみが出て白っぽくなるはずです。
f:id:cassettechef:20180507012340j:plain

その間に牛乳と生クリームを鍋で沸騰直前まで温めておきましょう!
f:id:cassettechef:20180507012537j:plain

今からこの温めたものを、さっき混ぜた卵液にいれるのですが、普通だと卵液に火が入ってしまうと思いますよね?
ですが、しっかり混ぜることにより空気が卵液に取り込まれて、クッションを作ります。そのクッションが熱を吸収?してくれるので、卵液には火が通らないという事です!

温めた物を卵液にいれて混ぜて、バニラエッセンスを3滴位。

f:id:cassettechef:20180507013143j:plain

異物がないかどうか濾してもいいでしょう。
面倒なら大丈夫です。
f:id:cassettechef:20180507013406j:plain


これを容器に入れます。僕はグラタン皿に入れました!笑
f:id:cassettechef:20180507013807j:plain
1人前ずつ作るのなら、耐熱の小さなココットとかを用意しておくといいですね!

このような気泡はアルコールスプレーをかけるか、スプーンですくう等して消して下さい。
仕上がりがキレイになります。
f:id:cassettechef:20180507014814j:plain

次に、写真のように沸騰直前のお湯を容器の半分位まで注いで、130℃のオーブンで50~60分焼いていきます。オーブンを温めておくのを忘れずに。。

お湯を注ぐのは熱の伝わりを穏やかにして、食感を滑らかにするためです。


~50分後~
全体に弾力があって容器を傾けても液体が流れない位しっかり焼いてください。

これを冷蔵庫で冷やします。


冷えたらもう少し。
砂糖を全体に振りかけてバーナーで炙ります。これは砂糖入れすぎです。笑
f:id:cassettechef:20180507015120j:plain
普通なら全体に薄くかかる位で大丈夫です。
どのくらいか写真を撮り忘れました。。
全体がうっすら下の黄色が見える位でいいと思いますよ。写真に印をつけておきました!笑
f:id:cassettechef:20180507015534j:plain

また、この砂糖は分量外ですのでお気をつけ下さい。


これをバーナーで炙って完成です!

f:id:cassettechef:20180507015748j:plain


外はパリっ。中はトロ~なクレームブリュレ
作り方も簡単ですので是非作ってみて下さいね!
ただバーナーの用意も忘れずに。。!(゜ロ゜)






最後まで見て頂き有難うございます!

答えられる範囲で僕で良かったら料理の質問等も答えて行きたいと思っておりますので。。

Twitterもフォローしていただけると喜びます(*´∀`)


Twitterはこちら~
http://twitter.com/@iyncook

では!