自炊のプロ。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

ブールノワゼット(バターソース)の作り方。

どうも!自炊のプロです!

今回は僕がフランス料理で一番好きなソースである、ブールノワゼットを作っていきたいと思います!

作り方は簡単ですが、状態を見極めるのが難しいので分かりやすく解説していきたいと思います。

ムニエルという料理にも通じていますし、ムニエルに相性ぴったりです!

是非読んでみて下さい!

cassettechef.hatenadiary.jp



~材料~
バター30g
パセリのみじん切り適量
レモン汁5cc
塩こしょう


材料はこれだけ。。何が難しいかというとバターの最適な状態です。早速いきましょうか!



~作り方~

まずは、バターをフライパンに熱します。

f:id:cassettechef:20180508195816j:plain

シュワシュワに。

f:id:cassettechef:20180508195849j:plain

泡がムース状になってきます。これが今から消えて茶色く色付いてきます。
f:id:cassettechef:20180508200011j:plain

泡が消えてきました茶色く色付いてますね?ここでレモン汁とパセリを一気に加えます。

じゅわーー!!っと大きな音がなりますが大丈夫です。

一瞬なので、その瞬間は写真に収めることができませんでしたが仕上がりはこんな感じに。

ホタテのポワレと合わせました。魚料理に本当に合いますね。

f:id:cassettechef:20180508200217j:plain

写真のようにオレンジがかったというか、キレイなきつね色。

これはバターのたんぱく質の一部なのですが、これが焦げ茶色だと失敗。
このようにキレイなきつね色に仕上げましょう!

f:id:cassettechef:20180508200518j:plain

レモン汁の役割はバターの重さを軽くするためとバターの色止め。これを入れないと後味が油っぽくなってしまいますし、せっかくいい色に仕上げたとしても、余熱でお皿の上で焦げてしまいます。。

初めてこのやる場合、2枚目の写真までは強火でいいですが、そこからは中弱火位に落とさないとフライパンの余熱で焦げるのが早くなってしまいます。

レモン汁で色止めしたとしても多少は余熱で色付いて色付いてしまうので、完成間近の時に強火だと余熱の温度が高いので、2枚目と3枚目の間になったら中弱火位に落としましょう。

これがまぁ魚料理に合うんですよね。。
本当に飲めます。笑
レモン汁が入っていますので後味も重くないですしね。(カロリーは減らないぞ)



是非作ってみて下さいね!






最後まで見て頂き有難うございます!

答えられる範囲で僕で良かったら料理の質問等も答えて行きたいと思っておりますので。。

Twitterもフォローしていただけると喜びます(*´∀`)


Twitterはこちら~
http://twitter.com/@iyncook

では!