真面目に自炊日記。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

基本のプリンの作り方

どうも!自炊のプロです!

今回は基本のプリンの作り方。作り方も簡単。

合わせてカラメルソースを上手く作る方法もご紹介したいと思います!



~材料(プリンカップ2個分位)~
卵黄:4つ分
牛乳:50ml
生クリーム:50ml
ラニュー糖:50g
バニラエッセンス:適量

~カラメルソース~
ラニュー糖:大さじ4
お湯:大さじ4



~作り方~

まずはカラメルソースから。
鍋にグラニュー糖と分量外ですが、大さじ1程度の水を加えて中火にかけます。

f:id:cassettechef:20180521005113j:plain

水を入れなくてもいいですが、入れた方が溶けやすくなりますね。

下手にヘラ等で混ぜてしまうと、液体がくっついて洗うのが大変になるので何もせずに色づくのを待ちます。

色づいて来ました。ここから焦げるのが早いので、お湯を準備しておいて下さいね。
f:id:cassettechef:20180521005315j:plain

このくらいの色になったら火を止めてお湯を加えます。水でもいいですが、かなり跳ねるのでお湯がおすすめ。
f:id:cassettechef:20180521005452j:plain

蒸発分も考えてお湯の量は少し多めにしてあります。緩かったら煮詰めれば良いですしね!

カラメルが固まってしまう原因は水分が足りないから。分量通りに水分を入れても固まってしまうのは、入れた段階で水分が蒸発してしまっているからです。

砂糖が色づいて来る温度は150℃位なので水分が少ないと一瞬で蒸発してしまい、その結果カラメルが固まってしまいます。なので僕はいつも水分は多めにしておきますね。

固まらずに出来ました。もちろん冷めた状態です。
どろどろしたのがいいなら煮詰めてください。
f:id:cassettechef:20180521010057j:plain

これをプリンカップに入れておきます。

f:id:cassettechef:20180521010308j:plain


次にプリン。

卵黄はグラニュー糖と白っぽくとろとろするまで混ぜておきましょう!

f:id:cassettechef:20180521010435j:plain

牛乳と生クリームは沸騰直前まで温めます。バニラビーンズがあるなら入れても構いません。

温めた牛乳らを卵液に合流。バニラエッセンスも入れましょう。

f:id:cassettechef:20180521010625j:plain

これを濾します。バニラビーンズを入れた場合はここで取りましょう。

f:id:cassettechef:20180521010857j:plain

浮いている泡はこういったものですくいます。すくった方が仕上がりがキレイになりますね。

f:id:cassettechef:20180521011059j:plain

f:id:cassettechef:20180521011134j:plain

これをさっきカラメルを入れたプリンカップに注ぎます。

そして、沸騰直前まで温めたお湯を、写真のような深いバット等にを注いで、160℃のオーブンで25~30分焼いていきます。
f:id:cassettechef:20180521011235j:plain

ちょっと忘れてて色がついてしまった。。
多分40分近く焼いてしまったんだと思います。。
タイマーを忘れずに!笑

f:id:cassettechef:20180521011753j:plain


カップから外すときはこういったもので周りを外してから優しく取り出して下さいね。別の料理の写真ですが。笑

f:id:cassettechef:20180521011930j:plain


完成です!
f:id:cassettechef:20180521012111j:plain

焼きすぎて固いかな?と思いましたが、以外に滑らかでこれはこれでアリな感じでした!笑


3日位なら日持ちもしますので、これから暑くなる季節に是非作ってみて下さいね!(*´ω`*)







最後まで見て頂き有難うございます!

答えられる範囲で僕で良かったら料理の質問等も答えて行きたいと思っておりますので。。

Twitterもフォローしていただけると喜びます(*´∀`)


Twitterはこちら~
http://twitter.com/@iyncook

では!