自炊のプロ。

簡単ズボラ飯から、本格料理までのレシピを紹介するブログです。

家庭でも簡単。~肉汁たっぷりハンバーグの作り方♪~

どうも!自炊のプロです!

今回はハンバーグの作り方。

使う材料はシンプルですが、十分肉汁たっぷりのハンバーグに出来ますので試してみて下さい!

なお、始めに言っておきますが、美味しいハンバーグとは、切った瞬間肉汁が溢れません。

食べた瞬間に肉汁が口に広がるのが理想のハンバーグです。その点は理解しておいてください。

一応理論的なことはこちら。

cassettechef.hatenadiary.jp



では材料です。


合挽き肉500~600g
肉に対して1%の塩
卵:1個
玉ねぎ:1/4個
パン粉:20g
こしょう



肉は今回は合挽き肉。普通のスーパーで買ったものです。
牛、豚が7:3か6:4のものを買えばいいかと。
というかスーパーのやつは大体それくらい。
ほとんどハンバーグに使いますもんね。

ではいきます!


1つ目のポイント!

肉だけに塩をふって混ぜます。


f:id:cassettechef:20180223175658j:plain
肉になんとなく粘りがある状態までこねて下さい。
粘りが出てくると肉がボウルにくっついて持ち上げることが出来ますので、そこを目安にこねて下さい!
そして、肉はこねる前に冷やしておきましょう!
冷蔵庫から出したてがいいですね~

肉の油は体温で溶けてしまい、肉がだれてしまうので肉は冷えたものを使いましょう♪
その他の材料は熱くなければ大丈夫です。笑


しっかり粘りを出してから残りの材料を入れます。
f:id:cassettechef:20180223181159j:plain
全体が混ざればokです!

そのあとできたもの(タネっていいます。)を空気を抜きながら両手でペチペチしてキャッチボールしてください。こうすることでハンバーグに亀裂ができて肉汁が流出してしまうのを防ぎます。
f:id:cassettechef:20180417155305j:plain

f:id:cassettechef:20180417155337j:plain
真ん中を窪ませて成型します。
焼いていると真ん中が膨張してくるので。。
まあ形を均等にするためです。
厚さは大体1.5cm位を目安に成型してくださいね。


2つ目のポイント!

成型したタネはすぐに焼かずに30~1時間冷蔵庫に入れておきます。

出来立てのタネはとても縮みやすくなっています。
冷蔵庫にいれておくことで縮みすぎを防ぎます。

さて、焼き方ですが、フライパンを中火に熱して焼いていき、写真のように肉の周りが白くなったらokです!合挽き肉は豚肉を使用しているため油が多く、焼いていると出てきます。なので、最初の油は大さじ2くらいでいいでしょう。
f:id:cassettechef:20180417155832j:plain

ひっくり返したら、フタをして弱火で8分焼けば火は通ると思いますが、あまりにハンバーグが厚いと中々火が通らないので気をつけて下さい。

焼けたらこのようにアルミホイルでハンバーグを包み、5分ほど休ませます。すぐに食べてもいいですが、こうすることで肉汁がさらに保持されます。
f:id:cassettechef:20180417160450j:plain

切ってもまな板は肉汁で汚れません。黄色いのはハンバーグに付着している油です。
画像では解りづらいですが、指で押すと肉汁が出てきます。これが理想です。。!
f:id:cassettechef:20180417160319j:plain

f:id:cassettechef:20180417160819j:plain

上述したポイントさえ守っていれば簡単に肉汁たっぷりなハンバーグが作れます!

是非作ってみて下さいね!







最後まで見て頂き有難うございます!

答えられる範囲で僕で良かったら料理の質問等も答えて行きたいと思っておりますので。。

Twitterもフォローしていただけると喜びます(*´∀`)


Twitterはこちら~
http://twitter.com/@iyncook